ADHDの娘が生まれて良かったです

私には中学3年生になる女の子がいます。実は幼少期に発達障害であるADHDと診断され、非常に強いこだわりがありました。

特に強かったのが保育園の帰りに特定の公園に立ち寄らないとパニックを通り越して暴れる点でした。普段は特に問題なかったので立ち寄っていましたが、病院通院などの理由で立ち寄れない時には本当に戦争のようでした。「いつもは立ち寄るのに。」と言う娘に対して「今日は急ぐから。」と何回も大声で叫んでいました。やってはいけないと分かっているのでしませんでしたが、思わず手を出してしまいそうになるくらい大変でした。

このように通園路に関しては非常にこだわりが強かったのですが、ADHDらしく好きな事はとことん突き詰める性格で、その中でも絵を描く事は非常に得意でした。保育園も卒業間近になった際に保育園の先生の計らいで親への感謝の手紙を書くというサプライズがありました。

そのサプライズの際に、私の似顔絵と「お父さんありがとう。」と言うメッセージが入った手紙を渡されました。非常に私の顔の特徴を捉えており、私にそっくりでした。それと同時に「この子が生まれてきて本当に良かった。」と思い、涙が止まりませんでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です