4年間の幼稚園生活が教えてくれたこと

我が家の長女は、4年保育の幼稚園に通っています。入学したのは2歳の時。またまオムツをしていた頃でした。

言葉もまだちゃんと話せないので、3つ上の年長さんとは大きな差がありましたので、同じバスで通うお姉さん達にいつも世話をして貰って登園していました。母親である私は、靴を履き替えて自分の教室まで行くことすら心配していましたが、お姉さん達のおかげで長女も楽しく幼稚園生活を送ることができました。

そんな長女も今は年長になり、園では一番年上です。同じように2歳で入園してくる小さなお友達のことを見て、自分のことを思い出したようでした。自分が入園した時にお姉さんにしてもらったことを、今度は私がしてあげなきゃだね。と、自分の言葉で、自分の意思で話してくれたことに大きな成長を感じました。

この間もお友達が園庭でハンカチを落とした時のことです。拾ってあげただけでなく、手でパッパッと砂を落として畳んでから、お友達に渡してあげていました。恥ずかしながら私がそんなことを教えたこともないので、むしろ自分が子どもに教えられた気がしました。

子どもなりに日々色々な体験をし、相手のことを考えたり、自分ができることを考えたりしているんだなと改めて考えさせられました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です