単身赴任中に成長してしまった子供

皆さん感じていることだと思いますが子供の成長は本当に早いと思います。ただ、私の場合は、とても不幸なことにその成長をそばで見守ることができませんでした。

私は、海外転勤の多い仕事についており、第一子が生まれた直後に中国への赴任を命じられました。

当時は仕事にも燃えていたので喜ばしいことだったのですが、妻の体が弱く、またその両親も高齢であったため、妻自身の希望もあり、妻子を残して単身赴任をすることとなりました。

当時はまだテレビ電話も発達していなく、携帯の写真も質が良くなかったので、子供の写真や動く姿を見れる機会は少なく、そのまま日々が過ぎて行ってしまいました。

なるべく、休みが取れた日には日本へ弾丸で帰国して妻子にあうようにしていました。

例えば金曜の夜に現地を出発して土日は妻子と過ごして、月曜日の朝に帰国するなど、本当に一分一秒を惜しんで、子供との時間を作るようにしていました。

しかし、子供にとってはそんな時間は一瞬です。あっという間に子供は成長していき、言葉を話し、立って歩き、自我を持つようになっていきました。

今でも単身赴任は続いていますが、やはり、私が父であるという認識は薄いようで、合ってもよそよそしい態度です。

もう少し別の人生を歩む選択肢もあったのではと今では後悔をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です