子供の発達障害に児童発達支援のABAを活用しました

私は39歳で結婚しました。どうしても女としての喜びを得たくて、頑張って婚活しやさしい10歳年上の男性を射止め結婚できたのです。

女の喜びとは結婚をし、子供を授かり子育てをすることだとずっと思っていました。しかし私は内向的な性格で、なかなか男性とお付き合いできず39歳でお見合いをしてやっと結婚できたんです。そこから妊活にすぐさま入りました。

夫も私が高齢出産になり、様々なリスクがあるので協力的で41歳で妊娠でき出産しました。子供が3歳になったときに、落ち着きがなく、ずっと癇癪やわがままを言い続ける傾向にあることに気づきました。

小学校入学後、担任の先生から私の息子が落ち着きがなく、常に授業中も上の空であると聞きました。クラスで協力して何かを作り上げるときも、人の輪に入らず非協力的で、他の事ばかり一人でしてるとの指摘を受けました。

そして私は息子を心療内科に連れていき、診察とテストを受けさせました。すると息子がアスペルガーで学習などに発達障害がみられるとの診断を受けました。どうしていいのかわからず途方に暮れる私に、医師が児童発達支援のABAがあることを教えてくれました。

発達障害などの子供のデイサービスのようなもので、緑の手帳と医師の診断書などで入所できるのです。体験入所して、息子が通いたい意欲を見せたので週に三回通うことになりました。

ABAでは息子の問題行動の前後にどういった原因やきっかけがあるのかを見極めて、環境操作を試み、徐々に癇癪や問題行動が起こらないよう導いてくれています。ABAでは子供の問題高度の場合には無視、善い行いの時には褒めるという報酬を与えて訓練強化をしてくれています。

埼玉県三郷市の児童発達支援|てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です